キャッシング業者の審査や金利比較 消費者金融

アイフルとは?アイフルのキャッシングについて

投稿日:2015年8月3日 更新日:

この記事の所要時間: 44

アイフル
アイフル株式会社(AIFUL CORPORATION)は、日本の消費者金融業者です。赤色の背景にハートマークの描かれているロゴが印象的ですね。一時期、チワワを起用したCMで話題となりましたが、強引な営業活動や悪質な取り立てなどの違法行為が社会問題となり、2006年4月14日に財務省近畿財務局長がアイフルに、全店舗の業務停止命令を出してからは、業績は悪化する一方でした。

株価も下落し、最高時には1万円台にまでなっていたのが、100円以下に。さらに、グレーゾーン金利廃止に従い、上限金利を20.0%に引き下げたことで、ますます収益が減少し経営が悪化。2010年度決算では3000億円近い大幅赤字に。事業再生ADRの利用を事業再生実務家協会に申請しました。

アイフルは取立てがあるの?

アイフルの評判について
前項だけを見れば、アイフルがとても恐ろしい会社のように思われるかもしれませんが、取立てや強引な営業というのは、当時の消費者金融であればみんなやっていたことですし、それでしっぺ返しを食らって痛い目を見ているのですから、現在はそのような対応を取ることはないと思われます。

今の時代、借金に関連する事柄の法的知識を持ち合わせる人は多いですし、気軽に相談できる法律事務所も増え、下手なことをすれば貸付金を返してもらうどころか、恐喝や脅迫で逆に訴えられかねません。そうなれば丸損です。だからこそ今は、アイフルも含めもうすこしスマートなやり方をしているのです。私もアイフルで借りたことがありますが、丁寧な対応をしてくれましたよ。

アイフルのキャッシングについて

アイフルの金利や返済方法
アイフルの借入利率は4.5%〜18.0%(実質年率)、融資限度額は500万円以内です。使途自由とされているので、個人の会社の何かの費用に充てることも可能。審査時間は最短で30分、融資スピードは最短即日となっており、担保や保証人は必要ありません。申し込み条件は「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方」とされており、70歳以上の方とは取引をしていないようですね。定期的な収入があればOKですから、フリーターでも借入が可能となっています。

申し込みの際に必要になるのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類です。また借入額が50万円を超える場合、また他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要となります。借入方法はインターネットからの振込み予約、電話からの振込み予約、アイフルATM、提携CD/ATM、コンビニでの融資など幅広く、困ったときにいつでもどこでも借りられる、その申し込みをできるというのが特徴です。

インターネット振込予約

アイフルのインターネット会員がご利用できるサービスになっています。会員ログインからログインし、希望の借入額を入力する事で、本人口座に振り込まれます。自宅にいながら融資が受けられるという、画期的な方法ですね。

電話からの振込予約

インターネット振込予約同様、電話でも予約を受け付けています。15:00までの予約ですと、当日振込も可能です。

コンビニで借り入れをする

近所のコンビニでも気軽に借り入れをする事が出来ます。買い物がてら借り入れが出来るのは嬉しいですよね。わざわざ店舗やATMを探さなくて済みます。

提携CD/ATMはコチラ

アイフルキャッシングの返済方法について

返済方法は「支払い期日ごとに一定金額の支払い」とされており、これはクレジットカードのリボ払いと同じようなシステムを指しています。返済期間及び返済回数は借入直後最長14年6ヶ月、1〜151回であり、これまでに借入金の総額を返済し終えなければなりません。ご利用は計画的に、ということです。

キャッシングの利息について

アイフルに限らず、銀行にしろカードローンにしろ、借りたお金には必ず利息が発生します。業者側は、この利息を会社の利益として運営しているんですね。返済回数が多くなればなるほど支払う利息も多くなりますし、一括で返済すれば利息は最小限で収まります。この利息の仕組みを理解せずに借り入れをしている人が結構多いです。後々後悔しないように、利息の仕組みを確認しておきましょう。

という風になります。今自分は幾ら借り入れしていて、一日に幾ら利息が発生しているか、改めて確認するのも返済の目安になるかと思います。

アイフルのキャッシングまとめ


さて、いかがでしたでしょうか。最近バナナマンさんのCMで話題となっているアイフル。他の消費者金融に負けず劣らず便利であることがおわかりいただけたと思います。1秒診断で融資可能かを即診断することもできるみたいですので、興味のある方はぜひ、診断だけでもしてみてはいかがでしょうか。

-キャッシング業者の審査や金利比較, 消費者金融

Copyright© キャッシング比較なら.net , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.