キャッシングやクレジットカードの意味・要点

絶対失敗しないキャッシング!借りる借りないの正しい判断基準

投稿日:2016年3月3日 更新日:

この記事の所要時間: 215

キャッシングはとても手軽なものです。しかしその手軽さゆえに、借りすぎてしまう、気づくと借り入れ額が目もくらむほどになっている、といった事態に陥ってしまう人も少なくありません。これからキャッシングをしようと思っているあなたも、普段お金があると無駄遣いしてしまうタイプだとか、高価でも気に入ったものはローンを組んででも手に入れるタイプだとかいうなら、充分に注意しなくてはいけないでしょう。

私の知り合いにも、キャッシングで身を滅ぼした人がいます。そうなってしまわないよう、自分がそのお金を何に使おうとしているのか、一度立ち止まって考えることが重要です。

冷静になってから考える

人は、熱くなっているときというのは、物事に正しい判断を下せなくなります。ギャンブルにのめりこむ人がそうです。それほどのお金を投入しても意味がないというのは、冷静になってみればわかるはずなのに、その場でパチンコ台に向き合っていると正しい判断が下せない。これは、物が欲しいとか、この場所に旅行に出かけてみたいとか、そういった感情を抱いたときと通ずるものがあります。

これが欲しいと思ったら、そのことしか考えられなくなる、ちょっとくらい無駄遣いしても大丈夫なんじゃないかと思い始める。こういった経験は誰にでもあるのではないかと思います。そういうときに、手軽に借りられるからといってキャッシングを利用すると、必ず失敗します。

欲しいもの、手に入れたいものを見つけたら、まずは自分でお金を貯めて買う方向で考えてください。そうして実際に自分でやってみてください。日が経つにつれ思考が冷静になって、よく考えれば要らなかったかもしれないと思うようになるかもしれません。あるいは貯金なんか全然できないかもしれませんが、そのときは、身の丈に合わない買い物をしようとしているということです。キャッシングをしてそれを購入すべきではありません。

娯楽か否かということ

要は、キャッシングを利用しようとしているその目的が、娯楽に属するものであった場合、非常に危険であるということです。もし自分の目的が、ギャンブルであったり、買い物であったり、旅行であったりするならば、極力というか、絶対にキャッシングは利用しない方向で考えたほうがよいでしょう。それも冷静になってみればわかることのはずです。もうちょっと回したら当たるかもしれない、このバッグを手に入れたらみんなに褒めてもらえるかもしれない、そういった可能性のためにキャッシングを利用してはいけません。

どうしても払わなくてはいけない、でも払えない、そういったときにだけキャッシングを利用するようにしてくださいね。

-キャッシングやクレジットカードの意味・要点

Copyright© キャッシング比較なら.net , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.