キャッシングやクレジットカードの意味・要点

年末年始でもキャッシングはできる?通常との違いは?

投稿日:2016年2月4日 更新日:

この記事の所要時間: 321

キャッシングは、実は年末年始にもできるということをみなさんはご存知でしょうか?銀行やATMは閉まっていることが多いですけれど、キャッシングは別である場合もあるのです。もちろんそれは、会社やそのお金を借りる方法によって、可能であったり、不可であったりします。

ここでは、年末年始にうっかりお金を下ろすのを忘れていた方々のために、それらの期間中にお金を借りる方法をご紹介します。もちろん大晦日、元日にもキャッシングが可能ですので、覚えておいて損はないでしょう。

ローンカードを作る

さて、それでは年末年始に困ったことにならないように、各消費者金融のローンカード(お金を借りるためのカード)を作っておきましょう。これは自動契約機を使ってお金を借りるために絶対必要です。年末年始のキャッシングは自動契約機でのみ可能とされています。したがって、事前にこれらのカードを作っておくことが、年末年始のキャッシングには不可欠なのです。

でも、消費者金融にも様々な種類がありますし、その全部を作ることはできませんよね。そこで私、調べてみました。年末年始にも自動契約機を営業しているのは、アイフルレイクです。そのほかの消費者金融も、休業日は1月1日のみとか、大晦日と元日のみといったところが多いのですが、年中無休で営業されていたのは、2015年から2016年にかけてはアイフルとレイクのみでした。今年は状況が違ってくるかもしれませんが、とりあえずこの二社のカードを作っておけば、年末年始にキャッシングができる可能性は高いと思われます。確認は必須ですが、現時点で作るとすれば、この二社が安心でしょう。

大晦日や元日にお金がなくて、ろくなお祝いもできない。それじゃあちょっと寂しすぎますよね。そういうことにならないように、備えとしてローンカードを持っておくのは実に良いことだと思います。

普通のキャッシングとの違いは?

それでは、年末年始のキャッシングは、通常のそれと何か違いはあるのでしょうか。それは契約がすべてATMになるという一点のみでしょう。たとえば、消費者金融が普通に営業されている期間であれば、窓口に行ってお金を借りたり、あるいは口座に振り込んでもらったりということが可能です。しかし年末年始は、消費者金融はもちろん、銀行も休業しておりますので、窓口及び銀行振込での融資は不可能となります。近くの自動契約機、ATMへ行ってお金を借りるしかありません。

そのATMでさえ、銀行のものは閉まっているでしょうから、各消費者金融の専用の契約機を利用しに行くか、あるいはコンビニなどと提携しているのであれば、その提携先のコンビニのATMでお金を引き出すしかありません。それに付随するところで、年末年始には、ATMの利用時間が通常と異なっている場合があります。というか、異なっていることがほとんどだと思います。昼間であれば問題ないでしょうが、早朝や、夕方から夜間にかけては使えないということもあるかもしれません。それらATMの営業時間はネットで確認できるようになっていますので、各コンビニのATMのお知らせページ等で確認するのがよいでしょう。

お金を貯めておくのが一番!

ただし、キャッシングは最終手段です。一番いいのは自分でお金を貯めておく、用意しておく、そのお金でお祝いをするということです。これらのローンカードは、あくまでも備えとして用意しておき、本当に必要になったときにだけ利用するのが良いでしょう。年末年始にお金を「借りるために」作るのではなく、万が一お金がなくなったとき、手元に残すのを「忘れていたときのために」作るというのが鉄則です。

キャッシングは気軽にお金を借りられて便利ですが、それによって金銭感覚が狂わされてしまうこともあります。そのきっかけが、年末年始にしたキャッシングだった、なんてことにならないように、お金を借りることの意味をしっかりと考えて、キャッシングをすることが大切なのです。

-キャッシングやクレジットカードの意味・要点

Copyright© キャッシング比較なら.net , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.