キャッシングやクレジットカードの意味・要点

消費者金融について

投稿日:2015年7月2日 更新日:

この記事の所要時間: 225

消費者金融とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)を行う貸金業業者のことであり、特に一般の人々――法人でない個人――に対する無担保(保証人不要)での融資事業を中心とする貸金業の業態を指します。消費者金融、といいますと、字面が仰々しいこともあってか、良くないイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。それこそ、「闇金」といったイメージを抱く方も多いかもしれません。しかし消費者金融は、いわゆる闇金とはまったくの別物。

前者は法律に則って、法律に定められた上限金利を把握適用のうえ、消費者に金を貸付します。他方、闇金は、正式に届出のされていない融資事業者であり、誰にでも保証人無しで即日融資というのが特徴でありますが、金利が法外に高く、そもそも届け出をしていない時点で法律違反です。つまり両者は正式な法人と犯罪組織といったふうに、明確な違いがあるわけです。

消費者金融の選び方

消費者金融には、有名なところでいうと、アイフルプロミスレイクなどがあります。これらはすべて、融資事業を行っている会社です。それらの違いは、審査の厳しさや、収入に対する借入上限額、金利などにあります。

最近では、スピード審査というのを行っているところもあって、借りようと思ったその日に融資を受けられることもあります。急に入院することになった、結婚式の祝儀のことを忘れていた、そんなときに役立つのがキャッシング(借金)です。

消費者金融の選び方は、個人によりけりだとは思いますが、ランキングやクチコミを見るのが手っ取り早いと思います。金利などを比較しているようなサイトもありますので、それを参照するのが確実でしょう。

返すアテ、ある?

いつでも借りられる、そういった意味で、消費者金融は進化し、利便性も向上しつつあるといえますが、借りるということのハードルが下がったために、借金をするということの意味をよく考えもせず、まるで自分の金を使うかのようにATMなどから金を引き出すような人が増えたのも事実です。借金には、「返すアテ」というものが必要。本来、返せるかどうかわからない借金はしてはいけないのです。なぜなら、後になって困るのは目に見えていますから。

しかし消費者金融も競うように審査の基準を緩くし、一回の返済額を少なくしたりするので、およそ計画性のない人が、自分でもちゃんと返せるというふうに思い込んで、金を借り、結局ずるずると借金を続け、首が回らなくなる。そういったケースは数え切れないほどあります。消費者金融に融資を受けるときには、その「用途」に注意してください。身の丈に合わない買い物をするのに使おうとしているのであれば、考え直したほうがいいかもしれません。融資を受けるにしても、返すアテがなければお話になりません。

ATMに走る前に、冷静になって、考えてみてくださいね。

-キャッシングやクレジットカードの意味・要点

Copyright© キャッシング比較なら.net , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.